11/22 看板

 

ゼミでよくわからんままに工作班に入れてもらってとうとう看板を作ってきた。一応一人反省会もかねてブログブログ。まだ前回のゼミブログ終わってないけど。

 

とりあえず一番はファブラボの教えてくれた方がすっっっっっごくいい人だった。女神かと思った。大変お世話になりましたありがとうございました。

 

楽しかったけど反省会したら終わらない勢いで反省ある。一人に任せてしまってたのもアレだし全然全員集合して話せなかったのもアレだし前日までしっかり決まらなかったのもアレだと思う。なんかあんまり意志疎通できてなかったような。コミュ力が足りないせいか…?……反省。

つか先生にセミって言っちゃったけど全然違うのになった。嘘教えてしまった…ごめんなさいでした。

それより私(半分ふざけてるような)よくわからないデザイン案出すことしかしてない…うわなんもしてねぇじゃん。クビかな。

もし次も参加できるんなら今回の反省をいかさねば……と思うだけ思ってる。次の目処欠片も立ってないしね。工作楽しい。

 

イラストレーターってやつがよくわからんけどすごいみたい。有料。

f:id:isimo:20171124042107j:image

 

木の板も選んでいいって言われてみんなで選んだ。カオスなやつになった。
f:id:isimo:20171124042028j:image

 

青のところは黒板ペイント。黒板ペイントは自分たちで買ってやるのかと思ってたら借りれた。まじか。エンジと青と黒あった。すごい。キレイな青になった。
f:id:isimo:20171124042318j:image

忘れたらやばいからメモがわりに書いとこう…片付けまでが工作です。必ず片付けるのです…(別に怒られも言われもしてませんけどレーザーカッターの片付け教えてもらってるのを見ながら思った。)

可愛いって言ってもらえて嬉しかったので添付。調子のって色までつけたやつ↓
f:id:isimo:20171124042047j:image

11/17 ゼミ

 

今回のブログはちょっと手こずって時間かかってしまった…何回か保存忘れて書いたとこ消えたのマジつらい。しかもめっちゃ長くなってしまった上に考えはまとまらない。しんどい。

 

内容は今までのを模造紙に書いて発表でした。

模造紙に書くとき周り見てやべー創意工夫足りなくない??って言ったら中身が大事だから!大丈夫大丈夫!全然イケてる!と返ってきた。二人して何故か模造紙に書くだけで発表しないと思い込んでたから慌てた。しかも1回目に社長たちきて超頑張った。けど明らかに焦ってたし早口だしで発表慣れしてなさが異常。反省。早口は気をつければ(多分)治るから忘れないようにしたい。終わったあと反応薄かったからなんかやらかしたか興味なかったのかなって思ってたけど、最後の感想のときにちょっと記憶に残せてたっぽいって感じでよかっt...いやどうだろ。背景のとこだったしなぁ。どっちかというと私たちが必死に考えたの改善策の方だしなぁ。まあとりあえず記憶に残りました万歳ってことで。

 

そのあと3つのグループの話を聞きに行きました。

1つ目のグループは作業ごとにわけてから一人一個ポイントを出したらしい。絵が工夫してあってすごいと思った。自分で作った方が満足してるとか、(ファブウォーカーの足の部分で)簡単なの選ぶ人と難しいの選ぶ人いて、難しいの選んだ人は結局歩けなかったりするけど楽しそうだった(人それぞれ完成が違う)とか聞いて、なるほど確かに!!と思った。多分それぞれ満足感を得られるところが違うから完成が違う、満足感を得られたところこそが私の完成だ!っていうことですかね??めっちゃ理解!!って感じだった。説明めっちゃ上手だった。わかりやすくて助かる。ポイント名のセンス抜群だった。

 

2つ目のグループは途中から参加したから半分しか理解できてない。絵はアリの巣イメージらしい。すごい丁寧にわけられてた(書かれてた)印象ある。多分コミュニケーションから生まれる良い面悪い面で3個ずつくらい出してあった(気がする)(つまり計6個。多いすごい)。物事には良い面だけじゃなくたんさんの面を持ってて、このグループは1個の物事から良いとこ悪いとこどっちからもポイント出してて(競争心があるのは良い/ありすぎるとよくないとか)、その発想はなかったって感じだった(私たちのグループはプラス面からしかポイント出してないし)。ポイント名のセンスが好みだった。

 

3つ目のグループは作業前、中、後でわけてた。子どもが親に頼む前に親がサポートしてしまうと飽きてしまったりやる気がなくなってしまったりするから、「自分で頑張る場所」「親と一緒にする場所」と説明書にあらかじめ書いとく(わかりやすくていいなぁと思った)とか、周りからの評価(認めてもらう)で満足感を高めているから記念写真を撮って満足感を高める(インスタ映えとか流行ってるしなぁと思った)とか、子どものやる気のことについてだったイメージある。子どものやる気問題はなんの工作するにしても大事だなーと思った。やる気ないと面白いものも面白くなくなっちゃうしな。いや面白いものはやる気なくても面白いのかな?やる気スイッチはやってるうちに入るものらしいしな。……よくわからなくなってきた。あと背景からの改善策が一直線?的確?な印象だった。文字が大きくて見やすかった。

 

効果とかはとりあえず置いといて、3つ目のグループの改善案は単純明快でそんなデメリットなさそうで最高なんだけど、絶対これいい!最高!みたいなのってそんななくて、これいいかも、でもこういうデメリットがついてくる、なんかちょい複雑なんすけど、みたいなのが多いから考えても考えてもなんかなぁってなる。そして読み直してなんかなぁってなってる。日本語これ大丈夫?私が何を伝えたいのか私が一番わからないんですけど。

 

 同じ観察結果からそれぞれ話し合いしたらどこも全然違う結果になって面白いなぁと思いました。

社長に最後の感想で自分らと親に対する扱い?考え方?が違って面白いって言われてなんの疑問も持たずに子ども中心に考えてたことに気づいた。私(たち?)は子どもが工作にハマるってことで、どこをどう変えたら子どもが興味を持つのかっていうか、工作体験教室が子どもに与える影響から~っていうか、子どもがメインっていうか……?わからなくなってきた。なんだっけ??……とりあえず、企業としては親はお助けキャラ的な?サポートマン的な?まあ企業側のスタッフが全お子さんを平等に気にかけられるわけじゃない(目も手も足りない)からそういう立ち位置で見ますよねって納得。でも私(たち?)は子どもメインで、子どもに工作させて、子どもに影響与える(ハマってもらう)には、みたいな感じだったから、そこに親はそんなにいなかったっていうか。だめだよくわからない!!無理!!

 

論文守るくん(←すごい好き)の制作者さんは前に聞いたことあって、面白い人いるんだなぁと思ってた。最後の話聞いてロボット好きなんだなぁって思った。世界に認識してもらうためにアウトプット大事ってとこで、アウトプット大事って最近よく聞くなぁ、ホットワードなのかなぁって思ったし、知らないコミュニティに行くってとこでやっぱコミュニケーションだよなぁとコミュニケーション能力に自信のない私はぼんやり思いました。

 

 

11/15 インターン6

 

今回は先輩の鎌倉インターンでの出来事を教えていただきました。

パワポめっちゃ見やすくてわかりやすくてすごーいという小学生みたいな感想しか出てこなかったけど、本当に見やすかったしわかりやすかったし、プレゼン用?の方のも徹夜で作られたとは思えないくらいすごかったです。

 

ブレストの話は最近よく聞くなぁと思いつつ相手を批判しないっていうの難しいなぁと思います。すぐ「でも~」とか言っちゃう。批判してるつもりはないけど「でも」はこう…否定形みたいな感じするから無しだよなと思う。議論をしたいわけじゃなくてアイデアたくさん出したいわけだし、自分の頭だけじゃすぐ限界くるし、違う人生してる相手は自分じゃ考えられない意見持ってるし、相手の話聞くのめちゃくちゃ大事だなぁと思う。でもそこから連想させるのも頭柔らかくないと難しそうだなぁと思いました。

 

 cssはあとでらいちゃんに教えてもらってきます!

 

11/10 ゼミ

 

今回はグループ反省会みたいな感じだった。

 

反省会て言われても…と顔見合わせて首傾げる。
上手くいったところ……??ある?ないね??

それより難しいところとわからないとこしかなかった、とか。改善案と対応策をごっちゃにしてたとこが多かったよなぁ、とか。

でもまぁよくなかったとこも特になくね??これがマックスでは??みたいな。

 

上手くできたとも思えないけど、悪くもなかったっしょ。(他の人の意見聞いたり10年後に持ち越して考え直したりしない限り、)私たちの今の頭ではいくら考えてももうこれ以上のものは出てこない!ここが(今の私たちの)最高地点だ!!お疲れ様っした!!みたいな感じで終わりました。

 

個人の反省は、お互い意見出してくときに相手に書かせてばっかだったからもっと手伝えばよかったなぁと思う。あと自分の考えを相手に伝える国語力(語彙力)が足らない。読書好きなはずなんですけどね…なんでだろうね…

振り返りもかねて前までのブログ読んでみたらしんどいつらいしんどいって言っててうわ……ってなった。

 

11/8 インターン 5

 

今日は新しくcssを習いました。

ぼんやーーーりなんとなくわかったとは思う。

やっとhtmlが出来てきたかな????くらいだから不安アンド不安

htmlとcssは違うもので、htmlはhtmlのサクラエディタcsscssサクラエディタがあって、干渉しない感じだと思ってたら、htmlの中にcssいれててビックリした。一緒のところに書けるんだ…すげー…

 

あとみんなブラインドタッチめっちゃ速くない???練習はしてるけどまだまだ遅い…おぁぁ…

 

11/1 インターン4

 

今回はゼミ生と新しい人が2人ずつだったので、それぞれ教えあうことに。

 

前に一回話したことある人だったから話しやすくて良かったー。

私はちょいちょい嘘教えてたようで。ごめん…ごめん…。

 

昔から「お前の説明擬音語が多すぎるっしょ」といわれている私の今回の説明は例のごとく擬音だらけでぼやぼやしまくってて申し訳なさしかない。

単語出てこないし擬音の方が伝えやすくて…つい…

まあ社長にわかりやすかったっていわれたのでいいでしょう!!

 

10/27 ゼミ

ゼミの人が動物園のやつでなんか最優秀賞とったらしい。めっちゃすごい…ケーキ選んだ子もすごい…美味しかったです。

 

先週、先々週とずっと夏休みの工作体験教室の観察のポイント探し?改善案ひねり出す?みたいなことやってる。

うちの班は写真係ってことで一人うろうろしてるから、考えるのは二人になっちゃったけど、もう一人の人がどんどん意見だしてくれるので助かる。

 

答えがないのの答えを探すのってすごいしんどい。何回考えても答えじゃない気がするし、もうこれでいんじゃね?これ正解じゃね?って気分になる。

分類わけまくったおかげで考えること多くて笑う。逆に細かくて考えやすいのかもしれないけど。

自主、成長系のから出したポイント、改善案はとりあえずOKってことでコミュニケーション。先週コミュニケーションの質とか量とかなにそれ哲学??状況によるよね??みたいな話を先週社長として終わってた。むずい。

結局コミュニケーションからの話だからコミュニケーションしやすい環境を作るには?誰とコミュニケーション取りたいわけ?これ、質なの?量なの?と迷走。社長が最初「今は親が子どもの面倒をみるのが当然じゃない」って感じのことを言ってたし子ども同士で話した方が教えあったりできてコミュニケーション取りやすいかな、それなら親としては学校とかのが子どもだけでも行かせやすいかな、難易度の問題もあるし学年でわけたいね、とかとか。でも学校っていう身近なとこでやることによるデメリット(仲の良い人同士でしか話さないとか。知らない人同士の方が話せたり、その方が色んな意見が聞けるようになるかも。お喋りに夢中になっちゃうかも。とか)もあるわけだし、でも学校や公民館が一番行きやすいし行かせやすいような。はぁ~~~もう考えるの疲れた~~~ってなる。

 

ずっと考えてると最後はうわあーー!!!って発狂して帰りたくなる。普段そんなに使ってない頭使うから疲れる。

 

来週ゼミないから再来週はもう今回自分が考えてたことなんて全然覚えてなさそうだなぁ。無理。